Contact Report ver.2 を正式リリースしました

先月1月31日に、crossnoteの薬事業務向けオプション機能としてContact Report ver 2をリリースし、
大手製薬メーカー様にご導入いただきました。

Contact Reportは、開発薬事においてPMDA(医薬品医療機器総合機構)やMHLW(厚生労働省)などとの一連のやり取り(Contact)を 記録し・活用するための仕組みです。
このシステムを導入することにより、以下のような問題の解決を目指します。

・属人性の排除
・回答の一貫性の確保
・プロジェクト進捗状態の見える化

このようなシステムを実際に現場で浸透させ、「使えるシステム」にするには、誰にでも簡単で使いやすく、 かつ思ったことを直感的に、すぐ表現できることが何よりも重要であると、私たちは考えています。

このため、Contact Reportの開発にあたっては、ユーザ様にも色々とご協力をいただき、実際に動くシステムを提示して出てきた意見をシステムに反映させるという、プロトタイピングを何回も繰り返して参りました。また最新のWeb技術を用いながら、使い心地の良さを追求しました。その結果、シンプルで誰にでも使いやすいインターフェースを実現できたのではないかと思います。

またセキュリティにも配慮したシステムとなっており、利用ユーザ毎にアクセス可能な情報を細かく設定することができます。

弊社のドキュメンテーション・システムcrossnoteをベースとすることで、コンタクト時にやり取りしたドキュメント類を管理でき、 さらに業界標準であるDocumentumとの連携も可能です。Windows環境のActive Directoryを用いたユーザ管理にも対応しています。

製品についてのお問い合わせは、こちらの「ご連絡」フォームよりお待ちしています。

totop